FC2ブログ

 祝優勝 東武鉄道杯中央大会 

監督曰く、中央大会に出れるだけでも凄い!
確かに、各チームのHPや協会HPなんかを見ると強豪古豪ばかり。
1回戦の対戦相手、春日部幸松さんは強豪ひしめく埼玉県の3位チームだし…


と言う事で始まった東武鉄道杯中央大会。

20130309-2.jpg
各予選大会の優勝旗・準優勝旗を持って開会式!
(各地域予選大会の結果はコチラ)

20130309-1.jpg
常盤平SCの5年生チームは、毎度の如くグリーンのユニホームで臨みます!


■1回戦
vs春日部幸松JFC 0-0(PK:5-3)…勝ち
先日の埼玉県新人戦3位チーム。 先方の代表の方から県内サッカー事情も交えて教えて頂きました。 まあ常盤平はいつでもチャレンジャーです。 試合は序盤から幸松が素早い出だしと確かな技術で攻め込みます。 常盤平の防戦は続きましたが、序盤の5~10分を無失点で乗り切れるか、そしていつ落ち着きを取り戻せるかがカギだと思って静かに見守っていました。 案の定、攻め込まれバタバタしDFもMFも皆前方に蹴り出すだけ。 意図の無いキックにはFWは予測もつかないから繋がるわけも無く…。しかも幸松の出だしが良いからクリアを全て拾われ厳しい時間が続きました。 相手のスピードやプレスに慣れ始めた前半10分過ぎから中盤での意図のあるパスやタメが出来始めました。 ここから縦への槍が放たれるのですが、幸松の守備陣も強固でした。 Syu~は前半早々から交代出場。 相手のスピードある守備をこじ開けるのにダイレクトワンツーに固執してしまってアイデアが足りなかったですね。 相手に寄せられる前にボールを保持し出鼻をくじくタイミングで勝負するか、懐深くボールを呼び込んで止めて相手をいなして勝負するか。 チョッと中途半端なタイミングで、しかも相手のタイミングに合ってしまってた感もありました。 さて試合は一進一退が続きましたが常盤平がやや押され気味。 でもこれで良し! 前半立ち上がりを耐えれた集中力が後半も持続し攻め込まれながらもカウンターが効いて来ました。 槍とカウンターの好相性は攻め込まれていてもチームに力強いアクセントを加えてました。
20130309-3.jpg
試合終了間際に得意のCKを得ましたが、やや小さいコートゆえにキックが合わず無得点。 PK戦となりました。 PK戦、実は余り心配してません。 何てったって信頼のおけるGKが止めてくれるから。 お母さん達の「キャ~ッ」を尻目に結構冷静に観戦。 (と言いつつも写真は撮れていない(笑) GKが1本止めて全員が決める! 絵に書いたようなPK勝利でしかもジャイアントキリング。 大物食いはチームを波に乗せますよっ。
逆に敗れた幸松は悔しさを滲ませていました。 当然、監督ゲキ怒り。 なんせ名もないチームに負けたんですから。 彼らの技量から推測するにいつもの力を出し切れていなかった感がありました。 それと前線でのプレーが微妙にかみ合っていなかった。 で、なぜ常盤平が勝てたのか!? 一言で言うなら「サッカーだから」です。 10回戦って勝てるのはせいぜい1・2かな。 それだけ相手が強かった。 でも、その1・2回がこの日に来た! もちろん子供達の粘りや集中があってこそです。 ちょっと感動したゲームでしたよ~。

ん~1回戦目でこの文章量!
そう、この試合が今大会のキーになった試合です。


■準決勝
vs KSC鹿沼 0-0(PK:5-4サドンデス)…勝ち
KSC鹿沼。 キチンと技術系練習を積み重ねて来ていると感じるチームで、キラッとキレのある子が数人、そして全体的に個人技術の高いチームでした。 でもそんなにプレスはきつくない。 こう言うチームとの試合経験を積んで行くと、守備の技術を学べるのと最終ラインやボランチからのビルドアップ(組み立て)を学べます。 (のはずが)やっぱり意図のないクリアが多いのが気になるな~。 意図の無いキックは味方も予想がつかないから無理な体制でしか絡めない。 無理な体制でボールに触れたり(触れてコースが変わる)するので、そのコボレも味方が拾えない。 myボールでゲームを進めるタイミングを逸し、相手に拾われリズムを与えてしまいます。 それでも波状的なチャンスを作り出せた常盤平は、進化成長している証拠ですね。 槍だけじゃなくドリブラー・ボールキーパーがいるんだから、「ビルドアップ」を覚えるとこのチームは劇的に進化しそうです。 20130309-4.jpg
Syu~は試合途中からの出場ながらも、パスを受けてからタイミングの良い思い切りの良いシューとがありました。 また、胸トラからの左足ボレーも出ましたが、残念ながらややミートせずGK正面…残念。
さて、試合は相手の単発の突破を運とGKのポジショニングで凌ぎ、サイド攻撃含めてゴール前での波状攻撃が相手守備陣とゴールバーで凌がれ、0-0で2試合続けてのPK戦突入。 お互い1本目を外しあとは双方キッチリ決めてサドンデスに突入。 これを決めれば勝ち! と言うキックをGKの逆を突く何ともヒョウヒョウとしたインサイドキックで締めくくり!! 男の子PK戦って面白いですね~。


■決勝
vs FCベガ 3-0…勝ち
この日3試合目。 しかも準決終わってから割とすぐのキックオフ。 相手のベガは疲労感からか全体の運動量が少なかったですね。 それに対して常盤平は非常に元気! 何でだ!? コーチ曰く、ここのところの走り込みが子供達の自信になっているんじゃないかと。 持久力が高まったと言う事ではなく、自分たちは努力して来ていると言うメンタルの部分じゃないかと。 試合への入りは非常に良く、前線からのプレスが機能してましたね。 ボールを奪ってから素早くサイドから突破しエグる。 マイナスのグラウンダーのセンタリングをドンピシャのインサイドキック。 この日やっとゴールをこじ開けました!! 続いて相手DFラインで繋がれているボールを奪い、ドリブルから思い切りの良いシュートがゴールに吸い込まれて追加点。 後半も高い位置でのプレスは続き、相手ボランチからのコボレを拾ってドリブルで抜け出して3点目。 決して点差ほどの力の差があった訳ではなく、ボールを奪う位置が勝敗を分けたと思っています。
20130309-5.jpg
この試合では前半10分を集中して凌いだ後、途中からボールを正確に繋ごうと言う意識が見れました。 ビルドアップは方法とタイミングと意識の共有から成り立ちます。 継続してものにしてほしいですね。


結果、中央大会でなんと優勝。
ちなみに私の予想は1回戦負け。但し、常盤平のスタイルがハマればPKで1つは勝てるかな!?でした。
私の予想をひっくり返した子供達に拍手!!
そしてサッカーの奥深さに脱帽!!

20130309-6.jpg
今年度最後、大きな大会で優勝でき、約半年ぶりのNo.1の雄叫び!
おめでとうございました。



(おまけの話)
幸松の代表の方、私をスタッフと間違えてご挨拶にいらっしゃいました。(恐縮です) 選手・監督はアップでいなかったのでしばし私ら父兄と歓談(大変恐縮です)。 幸松にも女子選手がいて、春日部だけにフィリアとの繋がりが強いとの事。 また、戸木南とも試合をしているそうで、女子サッカーの事でも会話が弾みました♪

(おまけの話2)
決勝戦の笛を吹いた方は、なんと東武動物公園駅の駅員さんで、3級審判員! しかも、テキパキした見事なジャッジでナイスレフリー。 大会をアシストして頂きました~。
スポンサーサイト





 この記事へのコメント 

優勝おめでとうございます!
川平慈英じゃないけど… 「PK勝ちが多くてもいいんです!」
子供達にはそう言ってあげたいですね!(笑)
N監督には…
「ムムっ!?」かな?
結構ヤツには
「オマエのチームはホントにPK戦多いよな~!」と
言われ続けましたからねぇ~!(笑)
でも優勝出来てホントに良かったですね!
さらなるステップアップを期待しています!
ありがとうございます。
そして、大変ご無沙汰です。
まさかの優勝にビックリ!

そうそう、ベガの監督さんが怒りん坊将軍様に宜しく、と仰っていたのでこの場を借りてお伝えします!!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード