FC2ブログ

 晴れて審判員に 

先日の日曜は松戸女子の練習をお休みして、4級審判の取得講習会に行ってきました。

初めて資格を取ったのがいつだったか記憶に無いくらい。多分20年近く前だったかと。
プレーヤーとしての活動の拠点が東京都だったのでそちらで更新を続けてきましたが、所属チームの解散や選抜チームの若返りがあり、また我が子のサッカー付添いなんかも続いてて、2年前にうっかり失効…
女子トレセンの活動で帯同審判の不足もあって、今回の新規取得となりました。

講義で講師の話を伺っていると、ついつい学生時代の合宿の光景が頭をよぎりました。

毎年の夏合宿は1週間。日中の練習を終えての夕食後に、毎晩2時間のルール勉強会。しかも毎晩テスト付き!赤点をを取ると次の日には罰ゲームが待っていて、疲れた身体にムチを打って勉強した記憶が蘇りました。
合宿中のルール勉強会と言うと、自分がプレーするスポーツのルールくらいしっかりと覚えろ!的なノリではありますが、当時の恩師が良く言っていた言葉で「サッカーは紳士のスポーツ・紳士へと成長させてくれるスポーツ」と言うのがありました。
「ルールを正しく理解しルールに則って行う事が重要だが、サッカーのルール(条文)は最低限のものしか記されていない。明文化されていない事については紳士たる解釈を求められ、プレー中は紳士たる態度で相手選手や審判と接する事が求められる」とも言っていたのを思い出します。

サッカーの試合には色々な視点があります。
選手としての目線・指導者としての目線・審判としての目線・観客としての目線など…
この目線によって試合中の裁定が分かれると思いますが、今回の講習では「紳士の目線」が良いレフェリングにつながるのかな~なんて事も考えさせられるキッカケになりました。

とは言え、未だ紳士に程遠い私!?
紳士の目線がいかなるものか…から掘り下げなければならないかも…
スポンサーサイト





 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード