FC2ブログ

 9th HKK杯 結果 


東加平キッカーズ女子さんからご招待頂いたHKK杯。
毎年この時期にU11(次年度チーム)の大会に参加でき大変ありがたく思います。

今回は8人制の大会。
5年生の参加が都合により約半減、4年生の一部を加えて参加しました。

3チームによる予選は、
vs プリティー大田 1-0…勝ち
vs 東加平キッカーズ女子 1-0…勝ち
2勝0敗で1位抜けしました。

順位戦は決勝戦。
vs 青梅新町FC 0-6…完敗

東加平2

2勝しましたが得点が少ない。 これは動いているボールを強く蹴れないから。 正確に言うと踏込みが弱い&ミート出来ない。 要因がはっきりしているし、分かっている事なので只今練習中。 ただ、回数蹴らない事には感覚も力(筋力)も身に付かない。 週末の練習だけじゃ…。 新チームのメンバーが本人の意思でサッカーに対するプライオリティーをあげてくれるなら上達は早いのですが、本人の意思だからね! 期待したいところです。
目を見張ったのは、誰が出てもサイド攻撃の意識がチーム(選手間)で統一され表現されていた事。 そして個のスピードを生かした突破だったり技で勝負だったりだけじゃなくパス(ワンツー)を駆使して崩そうとした(崩した)事。 完敗だった決勝戦でもしっかりと表現されてました! バルサかと思ったパスワークがあったりして!! ここ何年かのこの時期のU11の中でここまでのパスワークは無かったかな~。 残りのそして新しいメンバーが加わった時の事を考えるとワクワクします

そうそう。 決勝戦の大敗は私的には予想の範囲。 試合慣れしていない・守備の仕方を教えていない中で、ピカイチの相手選手にかき回されて当たり前です。 そんな事よりも、その試合の中で時間を追う毎にスピード感や間合いに少しずつ対応していった事の方が収穫だったと思います

東加平1
 





今日は満月。
東加平3
帰りの車の中から満月を見ていてふと思ったことがあります。 さっき書いたプライオリティーと言う事。 子供って色んな事に興味を示しやりたがる。 あれもこれもと。 私もそうでした。 でも小学校の高学年でサッカーと出会って遊びも含めてガラッと変わりました。 あれもこれもからサッカー一筋に。
今の松戸女子の子達もサッカーに限らず一筋になれるものを見つけて欲しいと、あれもこれもで心も身体も時間も分散され続ける事が無い様な何かを見つけて欲しいと思いました。 でも~出来ればそれがサッカーであって欲しいと。 何故ならば今日ほど可能性を感じた日は無かったから。
スポンサーサイト





 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード