FC2ブログ

 ガールズエイト千葉大会を振り返り 

昨日のブログの最後に触れたジプシー生活スタート。

心配頂いたご父兄から「○○グランド空いてますよ」などのを頂きました。
ありがとうございます。
結局、8月までは野球部の練習が無い、朝7時~9時の時間で練習を行う事にしました。
暑い日中を避ける意味では、1日を色々な事にタップリと使えると言う意味では、
まあ良しとしておきましょう。

で、その県立松戸高校野球部。
本日県予選の1回戦、vs国分高校。
0-8、7回コールド負けでした。
1・2年生主体で顧問もこの春から赴任。
これからのチームですね。

毎週末、朝9時~夕方6時までグランドを使用すると宣言されたんです。 突然の通告。 何の妥協的な事を示さずに。 使わせたくない意思を示したんですから、しっかりと練習を重ねて、ぜひ良い結果を出して下さい。
宣言どおり練習に励んでいるか、たまにチェックしに行きますよ~(笑)


さて、ガールズエイト千葉大会の決勝ラウンドを振り返りましょうか。

■準々決勝 vs ラ・シルエラ成田 1-0…○
松戸の攻撃パターンはオーソドックスだから抑え所は明確。 成田監督のスタイルを考えると、そんなポイントを消す戦術で来るだろうと予測してたから、厳しい戦いになるだろう思ってました。 暑さと緊張から動きが鈍い状態でスタートした前半。 一進一退でゲームが進みましたが、動きをほぐす為に大きく展開させた事が功を奏して、サイドからの突破が実り始めました。 実はここをもっと抑えられてしまうと思ってたのですが、スピードと気合が相手を上回りチャンスが生まれだしました。 前半の終盤にはシュートがバーを叩くBIGチャンス。 ペースを握って前半終了。
早いタイミングで先制したいと思ってスタートした後半。 サイドから切り崩すものの中でのタイミングが合わず嫌な時間が流れて行きました。 昨年は…。 こんな雰囲気の中でボコーンとロングキックにネットを揺らされ…関東行きを逃す…。 あ~思い出したくない!! と思ってたら、今年は我がチームがボコーン。 成田がクリアしたルーズボールにNonoが反応しゴール前へロビング。 力加減を間違えた!?そのボールはGKの頭上を越えてネットを揺らしました。 その後も幾度かチャンスが生まれましたが、成田の堅い守りに阻まれて追加点ならず。 途中で鼻血が出たHaruka6とスクランブル出場したRukaを含めた松戸のDF陣が集中を切らさずに守ったのも印象的でした。 この勝利が関東出場を決めただけじゃなく、昨年味わった苦いお酒の思い出を消してくれました。 ありがとう!!
IMGP1880.jpg
運動量豊富で冴えわたる4年生コンビ!!


■準決勝 vs 千葉中央FC 2-4…●
優勝候補筆頭の千葉中央。 #10と#7のキレとスピード。 #8のハードなマンマーク。 #6のパワー(この試合はGKになってくれててラッキー)。 先月のキャノンカップでの激しい1戦が思い出されます。 この試合を一言で表すと「ガス欠」。 先週の江戸川トレセンとのゲームで成果のあがったDFラインがどう耐えて少ないチャンスを生み出すか。 私の予想はPKにもつれ込めれば勝ち(^_^;)
相手の縦の突破を複数人数で囲んで潰す。 こぼれたボールを相手DF裏のスペースにフィードし攻め込む。 劣勢ながら攻撃の機会は何度と無く訪れた前半。 なんとCK2本で2得点。 先制は、Ayuの蹴ったCKから生まれたドンピシャボレーシュ~ト。 相手GKが一歩も動けない見事なゴールでした↓
IMGP1894.jpg

2点目もCK。 中央でゴチャッとなったところをMizukiがプッシュ。
その後試合が進むにつれ、DFラインと中盤が重なり出し、FWとの間に隙間が生まれ始めました。 嫌な隙間だなぁと感じたところを相手も見逃さずに突いて来て失点。 そして、2-1で試合が終盤にさしかかったところでガス欠…。 隙間が埋まらずパスの出所を押さえきれない。 #7、#10の足元にボールが収まり始め完全にペースを握られました。 リードして向かえた試合終盤も残り3分。 縦に突破されるスピードについて行けずすり抜けられる事3度。 一気に3失点。 力尽きました。 個の力の差をグループで埋めていた松戸。 頑張ったんですが力及ばずでした。 最終的には千葉中央が優勝した訳ですが、このチームと渡り合える力をこの短期間で付ける事が出来たのは大きな成果でした。


■3位決定戦 vs かずさフラワーズ 2-2(PK:3-1)…○
すいませんm(_ _)m この試合。 本部運営してたんで得点・失点シーンを見逃してます。。。
お互い、キックオフシュートが入ったりする大味な試合。 かと思いきや、ボールをしっかり繋ぐ場面も見られたり。 この日お互いに3試合目だからキツカッたでしょう。 案の定、松戸は2-1でリードして迎えた試合終盤。 多分、残り1・2分かな。 ふと緩む間を突かれて縦の突破を許して失点。 勿体ないです。 でも死力を尽くして延長戦を戦いました。 PKはGKのSumireもキッカー達も堂々としたもの!! 埼玉カーニバルで13人蹴った事が影響しましたかね(笑) Mizuki、Rina、Ayuの3人全員が決めたところ試合終了。 なんとか3位に滑り込みました。
IMGP1927.jpg



■総括
昨年関東に出場したかずさ・千葉中央・成田・ボニータの4強に対し、4番目の椅子に滑り込みたいと思って臨んだ今大会。 春の段階では千葉中央や成田に歯がたたなかった松戸FC。 個々の力の差はまだまだ埋まりませんが、チームとしての連携は徐々に育ってきてました。 だから3位になれたんだと思います。
特にDF面の成長は芳しい。 6年生DFライン(Rina、Haruka6、Airi、Ruka)は誰が出ても組み立てが計算できる様になりました。 課題はスピードに対応する術を身につけることと、終盤こそ集中し頑張りきれる自分を作り上げる事です。 こんな地道な6年生が守っているから、4年のスタメンコンビが伸び伸びプレー出来るわけだし、伸び伸びプレーし始めるとチームに活気が出て来てTOPのAyuや右のMizuiの勢いに拍車がかかる。 交代で入ってくるHaruka5達も良い空気の中で力を発揮できる。
この流れを崩さずに関東大会になだれ込みたいです。

最後に、出場した選手達、応援頂いたご父兄の皆さん、設営・本部運営に携わった皆さん、そして急遽駆けつけジャッジしてくれた県審判委員会女子部の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
関東出場が決まっただけじゃなく大会が無事終った事にホッとしています。 
と同時に、関東に向けてのあらゆる準備が始まります。
いや~大変だ。
スポンサーサイト





 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード