FC2ブログ

 息子くん 市内大会3位でした(ToT) 

Syu~たち常盤平中の市内大会が終わりました。

準決・3決・決勝が行われ、結果は3位でした。


Yukky高校のインハイ予選を応援に行ってたので、負けた準決は見れず。。。

前半に2点を先制され後半早々に1点返したものの追加点を奪えず敗退。。。

常盤平中 1-2 河原塚中 


3決には間に合ったので応援。

前半は・・・縦に蹴って走るだけ。

BEST4のチームだからね~、相手のプレスだってキツイしグイグイ来られたらタマラナイ。

次のプレーやボールが出てくる事への準備・予測が足りないね。

ボールがバウンドしている時間が多く足元に収まらない、と言うか収める気が無い選手が多すぎる。

利き足しか使わない、と言うか使えない選手が多すぎる。だから無理な体制で精度の低いプレーしか出来ないし、仲間との連動のタイミングもずれる。

もっと簡単に!、なんて応援席やベンチから声が聞こえて来るが、素直に両足でプレーするって普段から意識して練習してないと出来ないし、当然試合では出来るはずがない。

負けた準決勝が想像できる3決の前半でした。


後半から攻撃の仕方が変わって来ました。

まだまだ前半の名残りでDFから縦に大きく蹴り込むプレーは見られました(先制点が典型)が、効果的な攻撃も出て来ました。(中盤中央からDFのギャップを突くゴロのスルーパス。左中盤から右サイドDF裏に切り裂くように放たれた低いアーリークロス)

ショートカウンターの基本が凝縮されたプレーでした。


Syu~にも言ったのですが、効果的な攻撃は何処から始まってたのか?

(高確率なとも言えるかもしれません。)

そう、エリアで言うとミドルサード、選手で言うとボランチやトップ下のセンターハーフ、そしてサイドハーフなどのMF陣。

自陣内のどこでボールを奪おうが、です。

このプレータイムに対して何人が反応し絡もうと動き出すかがKeyですね。

そしてこれらにはボールを大事にするプレーやマインドが必要になって来ます。

大事にする=ゆっくり確実なプレーと言う事ではありません。

この一瞬に対する個人のチームの精度を高めると言う意味です。


切れ味鋭い攻撃、切れ味鋭いパス、なんて良く言いますが、


どうしたら切れ味が良くなるのか!?


武士の刀に例えると、

確かな道具

確かな技術

切りつける場所

タイミング?気合?(笑)


そこには「雑」なものは一切ありません。


3-0で四中に勝った試合には色々な要素が見て取れました。


ボールを大事に、

仲間の良さを大事に、

残された夏までの時間を大事に過ごして成長して欲しいと思います。

日々身に付け進化するのみです。


スポンサーサイト





 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード