FC2ブログ
 2014年01月の記事一覧 

 サクラサク! 


「サクラサク」

昭和の表現?チョッと古かったか?

20140123-1.jpg


本日、Yukkyが無事第一希望の高校に合格しました。
都内の私立で厳しい事でも有名?噂?なのでしょうか。

そんな事は本人百も承知で、昨年の春から希望していたこの高校。
サッカーをやるならココ!と決めてた様で、晴れて合格をもらって安心しました。


一部では、選手の県外流出! なんて事を危惧する人もいるようです。
まあ、私もつい4年くらい前までは、千葉で育って千葉で活躍する事に応援のし甲斐を感じていました。
上野紗稀がジェフに入団した時は嬉しかったから、心の底では今もそう思っているんでしょうね。

ただ千葉県の女子サッカーの環境って…選択肢がかなり狭い。
U15にあがる時も女子がサッカー続ける環境の乏しさを感じました。
ただ(その当時からですが)、高校生になっても大して環境は改善されないなぁと感じてました。
(だからU15に進む時、U18までの事を想像して今のクラブチームを選んだとも言えますが。)


小学校からサッカーを続けている選手が、
その力量や成長・可能性を育む場所が中学年代では少なすぎると感じ、
さらに高校年代に向けては、学力・偏差値がファクターとして加わり、
より一層の乏しさを感じて止みません。

熱心に女子高校生を指導されている先生を何人も知っています。
でも、ある程度の力を持った子が次への発展を望もうとした時、
初めてサッカーに触れる子達と一緒に練習する事は選びにくく、
(そう言うことや経験をないがしろにする意味で言っていませんよ!)
その発展に見合いそうな所を探すのは自然な流れです。

頭が良ければ必然的に選択肢が広がります。
しかし、偏差値が到達しなくてはそこに選択の余地は生まれません。

また、通える範囲も関与して来ます。
多少無理しても…で割り切れない距離もある訳です。

自分の娘が年齢を重ねて行く毎に色々なものが見えて来るし、
何を基準に最良とするのかが親として変わって来るわけです。

我が娘やその他サッカーをしている女の子達の次の3年間の成長を期待し想像した時、
サッカー選手の県外流出なんて事は非常に小さい事に思えて来ました。
とは言え、男子の選手権で市船や流経が勝ち進むと嬉しいと言う矛盾は持ちますけどね(笑)

男子の選手権では国立で北陸対決が行われました。
女子では関東勢は早々に姿を消しました。

いまや地方の時代?
いや公立以外は他県の選手がどんどん流入していて競争が起こっている証拠なんだと思います。

子供達の育成・成長・発展を本当の意味で理解するには、
日本サッカーの発展をそれぞれの立場で理解するには、
もっとグローバルで大きな心でサポートして行かないとならないんだろうなぁと思います。


Yukkyの高校受験を通じ、
自分の視野の狭さ?懐の小ささ?
凝り固まった概念? を痛感しました。

まだまだサッカーは私に多くのものをもたらしてくれます!

スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード