FC2ブログ

 少年たちに胸をかりて! 


全国各地域で都道府県で上位の成績をおさめたチームが招待され集う、第3回 びわ湖カップなでしこサッカー大会(U-12)まで、あと10日ほどになりました。

みんなで集まって練習できるのも今週末のみ。
翌週末には夜行バスで関西は滋賀に旅立ちます!

やりたい事、やり残した事はたくさんあります。
と言うか成長著しい年代だから、何をやってもやり切ったと言える事は無いでしょう。

先週のクマスポ杯や関東トレセンリーグでは、真剣勝負の場で様々な選手たちと対峙して、スピード感や距離感が磨けた事でしょう。

そして今週末は少年たちの力をかりて最後の調整です。
土曜は新松戸SCの6年生と、日曜は新松戸SCの5年生とトレーニングマッチを行います。

市内でも必ず上位に食い込むチームを相手に厳しいゲームを経験してもらいましょう!
プレースピードが速いゲームの中で止める・運ぶ・蹴る力を養いましょう!
試合の中で短時間で判断する力を養いましょう!
しっかりと身体をぶつけ合って、勇気と自信を得ましょう!
もうヘディング怖いなんて言ってられませんよ~!

さあ、もうひと頑張り。
この仲間で戦えるのもあと数試合。
皆で達成の笑顔を得ましょう!

スポンサーサイト

 FC熊谷女子クマスポ杯 準優勝! 


1/25(土)と26(日)の2日間にわたって行われた「第6回 FC熊谷女子 クマスポ杯」。
なんと次年度に向けた新チームのメンバーが頑張り準優勝!

この大会、松戸FC的(私的)には2つの事を確認する場でしたかね。

初日は若干欠けたけど6年生が主体のチームで臨み、
びわ湖カップに向けて個々の力がどこまで伸びているのか
他県のチームと対戦して確認しました。

2日目の順位戦は、スタメンの6年生が8名欠けての試合。
よって、残った6年生が後輩達を精神的に背負えるのか、
次年度メンバーが技術的にメンタル的に何が出来るのか確認しました。

ん~メンバーが欠けただけじゃなく、
監督・ヘッドコーチ不在で2日間私がベンチワーク。
ラッピーJAPAN! とも言う!?
いえいえ、日頃の監督・ヘッドコーチの苦労を痛感した次第です。


さてさて試合の方は。

予選リーグ第1戦 vs 浦和ラッキーズ 6-0…勝ち
20140125-1.jpg
サイドから突破するのが好きなメンバーを左右のMFに配置しワイドな攻撃を試みましたが、縦へのボールが多すぎて手が詰まる。 それでもポゼッションを圧倒していたので、空いた真ん中のスペースからのミドルやら突破が決まりました。
この2日間の攻撃でのテーマは、横の意識。 パスを出す出さないは本人の選択としてますが、出せる選択肢を2つ以上、ボールを持っていないメンバーが作り出す事。
ここで見えてきたのは、選択肢を作り出せるメンバーと全く作れないメンバーがいた事。 ボールを受けたい気持ちはあっても状況判断が出来ず受けれる場所を探せていない様でした。 なので必然的にチームはボールを支配しててもその選手はボールに触れる時間が少ないのです。 ドリブルが好きだし得意な子に特に見受けられました。 要はこぼれたボールを拾うか止まった状態でしかプレーに関われないのです。 ある時間帯では、実際には8人でしか試合をしていないのと同じ状態でした。


2戦目は vs エスカーラ吉見 4-1…勝ち
20140125-3.jpg
この試合では、5年生がボールの引き出し方を少しずつ分かって来た気がしました。 人と人の間に動きながら顔を出して受ける。 まだまだボールしか見ていないで動き出すので、トラップのボールをどこに置いたら有利かまでは出来ない時の方が多いのですが、たった1試合前よりも出来る事が増えたのが嬉しかったですね。

20140125-2.jpg

この結果、予選を2勝で1位通過。
1位グループのトーナメントに進みました。
20140125-Y結果



大会2日目。
トレセンリーグの関係やらセレクションだの…。6年生が3人…。
前々から分かっていた事なので、3年生~5年生を積極的に連れ出して、順位戦に臨みました。

この日は私の中でチョッとこだわりがありました。
6年生は前半のハーフ。
前半ベンチのメンバーは後半頭から必ず出す。
そして後半は新年度を意識して5年以下で。

結果的にこの日のゲームキャプテンのMakiはフルで出てもらいましたが、
個人としてチームとしての大きなテーマにしていた、守備での意欲的なチャレンジの場として、
参加したメンバーが多くの時間頑張ってくれました。
ちなみに攻撃面は初日同様のテーマ。 実は5年主体のこの日の方がボールが横に動いていたと言う事実が!!

準々決勝は、vs 両毛ローザ 3-0…勝ち
20140125-4.jpg

この日のキーはツートップに置いた(前半は)AyanoとAyumiで、アタッカーとポストプレーヤー。 後半はAyanoとAmi、すばしっこいダブルアタッカー。 おっ! AAA(笑)
1試合通じて前線が頑張ってくれた事で相手DFが引いてくれて中盤に良いスペースが出来ました。 そこをMakiやSuzu、が前を向いてドリする事が出来て、更にはサイドでKotoやMei、Rina、Maiがボールを受けてアタック出来ました。 
特に5年以下での後半はワンツーも見受けられ攻撃に流れと厚みを作り出してました。 (まあ最後はパスミスやトラップミスがあって、そうそう上手くは行かなかったですけど~)


20140125-5.jpg




準決勝はホストチーム、 vs 熊谷プレシオッサ戦 0-0(PK:5-4) …勝ち
20140125-6.jpg
他チームの子達はほんと大きい! フィジカルでは圧倒的に不利な感じでしたが、個々の場面での守備が良かった。 トーナメントが進んでいくと当然どんどん相手は強くなる。 一方で学年やら体格やらで不利を感じるとどうも弱気になる。 なので守備でのチャレンジ、1対1での勝ちにこだわる、要は個人でボールを奪いきる事を提案しました。 もちろん周りのサポートする意識(集中)を促したうえでです。 相手の前で奪う事も含めて積極的な守備意識が出てくると、攻撃もアグレッシブになるんですね! アグレッシブすぎてボールを持ちすぎるメンバーも出てくるほど(笑)
押し込まれる時間が長かった割に、チャンスも多く訪れて! でもボールが蹴れないね~力強いのが。 これは課題だね。
PK戦はヤル気満々のAnnaにGKを任せたところ、いきなりセーブしてくれて♪
そして率先して蹴りたがったメンバーもビビリーなメンバーも全員が決めてくれて、勝っちゃいました!!
いや~選手もベンチも父兄も盛り上がったっ!!


まさかの決勝は、vs FC.VIDAスクールチーム 0-0…PK:3-5 …負け
20140125-7.jpg

Yukkyのチームなだけに応援してましたが、まさか対戦するとは!
技術やフィジカルでは大きく負けてた思います。 でもボールや相手選手に対する寄せのスピードや気迫は決して劣っていなかった。 ボールを奪われても奪い返す。 当然しんどくなれば子供達はクリアで蹴り出す機会が増えるが、かといって全て蹴りあう訳ではなく何気につなぐ(笑) 勇猛果敢な3・4年のチビっこアタッカー達がゴール前に迫る姿は、今後に大きな期待を感じました。
後半のハーフ、ダブルボランチとディフェンスラインは全員5年以下。 このメンツでVIDAの攻撃を止めれたのは自信にして良いと思います。 ボールウォッチャーが少なかったのかな。 バイタルエリアでダンゴになる機会が多かったって事は、誰もがボールや相手に対して自らアクションを起こしていた証拠。 バランスを考えた方が…なんて事も思うけど、腰が引けがちだった子の気持ちが変化した試合だったとも言えますね。 あとはこのメンタルを継続する事!


20140125-T結果


20140125-8.jpg

6年生達が予選で力を発揮し、5年生以下がその結果を引き継いでの準優勝。
多くのメンバーを欠いた結果、出場する機会を得たメンバー達が成長の為の経験を積めました。 しかも多くの成功体験を。 今日出来た事をベースに、今後はその上に色々と積み上げて行きましょうね!
トーナメント戦での6年生を重責を果たしてくれてありがとう!
そしてDFにGKに身体をはって頑張ってくれたAnna、優秀選手おめでとう!



2日間で5試合。
多くメンバーが試合を通じて日頃の練習成果を試す事が出来ました。
熊谷プレシオッサさんから毎年ご招待頂き感謝しています。
ありがとうございました!

 サクラサク! 


「サクラサク」

昭和の表現?チョッと古かったか?

20140123-1.jpg


本日、Yukkyが無事第一希望の高校に合格しました。
都内の私立で厳しい事でも有名?噂?なのでしょうか。

そんな事は本人百も承知で、昨年の春から希望していたこの高校。
サッカーをやるならココ!と決めてた様で、晴れて合格をもらって安心しました。


一部では、選手の県外流出! なんて事を危惧する人もいるようです。
まあ、私もつい4年くらい前までは、千葉で育って千葉で活躍する事に応援のし甲斐を感じていました。
上野紗稀がジェフに入団した時は嬉しかったから、心の底では今もそう思っているんでしょうね。

ただ千葉県の女子サッカーの環境って…選択肢がかなり狭い。
U15にあがる時も女子がサッカー続ける環境の乏しさを感じました。
ただ(その当時からですが)、高校生になっても大して環境は改善されないなぁと感じてました。
(だからU15に進む時、U18までの事を想像して今のクラブチームを選んだとも言えますが。)


小学校からサッカーを続けている選手が、
その力量や成長・可能性を育む場所が中学年代では少なすぎると感じ、
さらに高校年代に向けては、学力・偏差値がファクターとして加わり、
より一層の乏しさを感じて止みません。

熱心に女子高校生を指導されている先生を何人も知っています。
でも、ある程度の力を持った子が次への発展を望もうとした時、
初めてサッカーに触れる子達と一緒に練習する事は選びにくく、
(そう言うことや経験をないがしろにする意味で言っていませんよ!)
その発展に見合いそうな所を探すのは自然な流れです。

頭が良ければ必然的に選択肢が広がります。
しかし、偏差値が到達しなくてはそこに選択の余地は生まれません。

また、通える範囲も関与して来ます。
多少無理しても…で割り切れない距離もある訳です。

自分の娘が年齢を重ねて行く毎に色々なものが見えて来るし、
何を基準に最良とするのかが親として変わって来るわけです。

我が娘やその他サッカーをしている女の子達の次の3年間の成長を期待し想像した時、
サッカー選手の県外流出なんて事は非常に小さい事に思えて来ました。
とは言え、男子の選手権で市船や流経が勝ち進むと嬉しいと言う矛盾は持ちますけどね(笑)

男子の選手権では国立で北陸対決が行われました。
女子では関東勢は早々に姿を消しました。

いまや地方の時代?
いや公立以外は他県の選手がどんどん流入していて競争が起こっている証拠なんだと思います。

子供達の育成・成長・発展を本当の意味で理解するには、
日本サッカーの発展をそれぞれの立場で理解するには、
もっとグローバルで大きな心でサポートして行かないとならないんだろうなぁと思います。


Yukkyの高校受験を通じ、
自分の視野の狭さ?懐の小ささ?
凝り固まった概念? を痛感しました。

まだまだサッカーは私に多くのものをもたらしてくれます!

 市長杯 決勝戦進出! 

明け方に薄っすらと雪が積もりました。
Syu~たち常盤平SCは寒風が吹き荒れる中で市長杯トーナメントの先日の続き。

一試合目は準々決勝で、vs ダック戦。
相手キーマンをしっかりと押さえるために?4-3-1-2の布陣。
4バック3ボランチがキチンと守り、奪って当てて押し上げて、
逆サイドへの展開も視野に入れながらのショートカウンターが見ていて面白かった。

20140119-1.jpg

本来のパフォーマンスが発揮し難いほどの強風でしたが、
ボールを横に動かしながらタメが出来、Syu~からのスルーパスに反応したRenyaがビシッと先制してくれました。
試合終盤にペナ外での混戦からこぼれ出たボールを迷わずループシュートしたRyunosukeもお見事!
とどめは右サイドからのアーリークロスを中央でKouheiがスルー。
遅れて走り込んでいたSyu~にドンピシャ♪

が…、トラップ大きくキーパーに(笑)
ファーストタッチの重要性を感じて頂きました。
結果、2-0で勝利しました。


準決勝は宿敵強敵優勝候補の一角、矢切SC。
さすがに両チームともに緊張感が漂いながら試合開始。

20140119-2.jpg
卒業シーズン間近と言う事もあり、ここ数試合張り付きでカメラマンが!


昼過ぎに始まったこの試合では更に風が吹き荒れて…
20140119-3.jpg
とは言え、しっかりとポゼッションをキープしながら攻め立てる矢切。
複数で素早くプレッシャーをかけてボールを奪取しカウンターを仕掛ける常盤平。


20140119-4.jpg
この試合では中盤の選手みんながコート内でのポジショニング、特にバランスを意識していたと感じました。
例えば右ボランチのSyu~は中央や左にポジションを移しながらスペースを埋める。
ボールを奪うと1本パスをつなげる間に、後ろの選手が前のスペースに飛び出す連携も見れました。

ただ時間を追うごとに矢切のペースに傾いて…。
バランスが良くても蹴り出す機会が増えてしまっては、そのボールを拾われて気持ちも含めて不利な方向へ。
それでも耐えて0-0のままPK戦に突入。


耐えてPK=勝利の方程式、とは言えここのところ矢切にはPKで勝っていない…
守護神のスーパープレーに期待する面々。
いや、Kyousukeを信じきっている面々です。
20140119-5.jpg




20140119-6.jpg




20140119-7.jpg

PK:3-2 v(^_^)/

6年間の矢切との対決を見事に勝利で締めくくってくれました。


次は決勝、CTCで勝てなかった、まつひだいSCが相手。
最後の最後でその雪辱を!!

決戦は2/11(祝)の運動公園陸上競技場です。
まつひだいSCとの試合はいつも厳しくも楽しい。
好ゲームを期待し、優勝狙ってもらいましょう!

※私は…仕事なんです(ToT)

 気温はピリッと低く 試合はピリッと締まり♪ 


今日の土曜、松戸FC女子達はナイターでトレーニングマッチ。
ご縁があって浦安市のFCギャルソンさんからお誘い頂き、
人工芝ピッチで男子とゲーム。

来月のびわ湖カップに向けてたTOPチームと、
次年度を担う次世代メンバーが中心の2チームでお邪魔しました。

20140118-2.jpg


ギャルソンさんは4年生の男子。
後から6年生も合流し、15分をみっちりと10本くらいまわしたでしょうか?

TOPチームは、フィジカルが上回るvs4年生には有利にゲームを進められますが、
4年生くんのストップ&ターン・切り返しのキレには手を焼いてました。
ゲームの最初の方は1発で飛び込んでしまいコロコロ交される場面もありましたが、
じっくり狙う!とか、しつこく!とか、2人で!とか、時間を追うごとに対応出来てました。

仕上げのvs6年生では、スピードとテクニックに喰らいついていく姿がたくましく、
失点こそしましたがアタック&カバーが随分と機能したと思います。
FWに入った選手もスピードだったり攻撃の溜めだったり、
得意なプレーを発揮しかなり良い感じでしたね。

20140118-1.jpg

次年度メンバー達は、男子との試合でも気後れしなくなり、
むしろいつも通りのパフォーマンスが出来ていたのが良かったですね。
まだまだ一人一人が単独でそれぞれの場面に対応しているケースが多いです。
今後ゲームを重ねて行きながら、複数の選手が絡む時間を多く出来る様にしたいと思います。

個の力を磨くのはもちろんですが、
チームメイト達との攻守にわたる連動を体現できるように!

予定があって、風邪ひいて、ノロにいじめられて、などフルメンバーではありませんでしたが、
非常に良いトレーニングを積めたと思います。

ギャルソンさんにおいては、せっかく取れた人工芝ピッチを本来ならば自チームで使うところ、
お相手して頂き大変感謝しております。ありがとうございました。

※犬の散歩がてら立ち寄って頂いた、Mさん親子。
 変わりなく元気で何よりでした~。


 第3回 びわ湖カップ なでしこサッカー大会 組合わせ決定! 


決定事項が主催側から当該チームに配信されません。
ちょくちょくHPをのぞいていないと情報を取り漏れる…。

チームの事務局としては人に言われて気が付くのは少々辛いですし、
こんな仕組の大会は初めてなので戸惑ってます。


さてさて、組合わせが決まりました。
ポチっとしてください。

<(_ _)>


え~松戸FCはと言うと

予選Fブロックで

地元の希望が丘SSS、
宮城の仙台若林FC
鹿児島県選抜チームの鹿児島ドリームス

と対戦します。

全く情報ありませんが、

ホームチーム、東北のサッカーどころ、8人制大会九州準優勝チーム。
どの試合も面白そうです。

そしてこの結果で翌日の順位トーナメントを戦いますが、
その1回戦の相手の候補は、

名古屋レディースSC
とかちFCなでしこ
AC館林フェリス
多井畑フットボールクラブ

いつぞやの借りを返したいチームが多く、こちらも楽しみです。

 3連休のダイジェスト! 


巷じゃ、男女の高校サッカー選手権の話しで盛り上がってますが、
夜になると眠くなるし昼間は外出っ放しだし…
ダイジェストでしか振り返れていません。


さてこの3連休。

初日土曜はチョッとノンビリ出来たような出来なかったような。
午前中はSyu~が男子トレセンの練習会だったので送迎兼ねて練習を見学。

20140112-1.jpg

Syu~の事はさておいて、女子トレセンコーチとしては男子で何をやってるのか気になりますね。
ゲーム中心のメニューの中で「ボールを回す」事を随分と指示されてましたね。

その指示とは裏腹に、ボールを受ける動きが少なかったのと攻守の切り替えが遅い。
それもそのはず!
氷点下の朝を迎えて凍ったグランドが日差しで溶けてズルズル~。
動き出しやターンで滑る子が続出。中にはプレーに関係ない所でも転んでる(笑)
父兄達は笑って見てられますが、プレーする子供達は大変だったっすね♪


日曜はチームを離れて関東少女部会主催の関東選抜メンバーを決める練習選考会に参加。
GKトレーニングのお手伝いに行ってきました。

20140112-2.jpg

気温はやや低かった東大宮地方。
でも風が無くお昼前後の日差しが気持ちよかった~。

今回で2回目っていうのもあって各グループで結構打ち解けあえてて皆元気が良かった。
実技に入るとライバル心むき出しといったシーンも見られて刺激が多かったのではないでしょうかね!


そして3連休の最終日は、やはり河川敷で凍えていました(笑)
Syu~たち常盤平SCの6年生は市長杯大会。
6年間で最後のガチンコな市内大会が開催されました。

でもホント寒かった…
前日とはうって変わって風が強く、露出している肌が凍りそう…。
今シーズン初めて耳当てを着けて観戦しました。

今日の常盤平はAもBも1試合。
しょっぱなからトーナメント戦なのです。

20140112-3.jpg

常盤平SC(A)は技巧派のエクサスと対戦。
個人技が巧みな相手チームに振り回されないように一発で飛び込まない守備が徹底されてました。
拮抗した試合展開でしたが、前半に取った1点をGKを中心にしっかりと守りぬいて来週の次戦に進みました。


20140112-4.jpg

常盤平SC(B)は松戸きぼうと対戦。
前半はサイドからの攻撃も冴え多くのチャンスが生まれましたが得点に至らず。
そうこうしているうちにフィジカルに長けた相手選手にカウンターを受けて失点。

後半GKとDFの連携がとれず失点(まあ強風吹き荒れててハイボールの処理って難しい!)
後半は相手にペースを握られながらも得点を奪いに行く。
ただ多くのプレーは個々の単発なプレーで終わっており連携が少なかったですね。

前半で得点出来ていればそこに勢いが生まれるんですが、この日は難しかった。。。
結果0-3で負けてしまい、常盤平Bのメンバーは6年間の公式戦が終わりました。



ちなみにYukkyの3連休は!?

いずれも早朝に家を出発して、高校生に混ぜてもらって方々を試合行脚。
受験生なのにドップリとサッカー漬けなのでした…。

 新春! 村田カップに参加しました!! 


YukkyたちVIDA3年生は村田カップの2日間活動なし。
しっかりと受験勉強に励もう!との事なんでしょうか?
でも、グランドにはYukkyと他2名の松戸FC女子OG…。
受験勉強は?

さてさて、村田高校とFC.VIDAが運営して開催された村田カップ。
すっかり新年の催しとして参加が続いています。
毎年のご招待と、良いピッチでの初蹴りの機会、
そしてU15~U18でのサッカー活動の機会を整備頂きありがとうございます。


初日は4チームでの総当たり戦。
新年一発目で戸木南ボンバーズ戦!
待ってました~♪
20140106-1.jpg
新年1発目にしては皆身体が動いてましたね。
6割程度ボールを保持しながらゲームが進められ、
それでもやはり相手は好チーム、
2-1で充実したゲームとなりました。


2戦目はアミーズ戦。
新しいチームではありますが、Gリーグ等で見るたびに成長を感じるチームです。
20140106-2.jpg
単調な動きや攻撃ではなかなか得点に結びつかないし、
何を狙って(見て)シュートを打っているのか、
GKへのシュートでは点は入りません。
何も考えずプレーしているのが見て取れるし、
必死に向かってくる相手にワンテンポ引いてプレーしようとすれば、
自分達のプレーなんて出来る訳がない。
いつものスタートメンバーとこの試合でのスタートメンバーの差は
技術以上にこの様な些細な部分なのかもしれませんね。
それでも、時おり「彼女達らしい」プレーが見れるのは
確実に上達しているですよ!!
とりあえず、3-0での勝利。

初日最後の試合は、千葉ボニータ戦。
男子チームでやっている子達が中心のチームで、
その力強さは素晴らしく、対戦することでこちらも良いトレーニングになります!
20140106-3.jpg
終始ポゼッションを握っていましたが、やはりキチンとプレスをかけて来るので
緊迫した空気がず~っと漂う試合♪
ただ、後半残り10分を切るあたりからボニータの運動量がガクッと落ちて、
最後は2点を取って勝つことが出来ました。
スピード感や基本技術については男子の中で活動する事でのメリットを感じた反面、
1試合フルで動ける力は養いにくいのかな?とも感じましたが、
ホントのところはどうなんだろう!?



2日目は8チームでのトーナメント戦。
2月に全国規模の大会「びわ湖カップ」に出場する予定なので
そこに向けて、色々な「勝負」にこだわったプレーを求めます。
試合に、場面場面に、いかに自分自身が勝負できるか!
勝ち負けと言う響きが嫌いと言ってもサッカーの本質は勝ち負け。
駆け引きを通じて最後に自分に何が得られるかです。
育成と言う言葉を持ち出して甘いささやきをしたって、
その先には常に勝負と駆け引きが存在しています。
ちなみに我々大人には勝ち負けは関係ありせん。
勝ちたい!と言っている子供たちがいるから、そこを求めるのですわ~


トーナメント初戦は浦安ガールズFC。
知りつくされているから、それをどう打開できるのか試せる良い機会でした。
20140106-4.jpg
今年のメンバーは個々で勝負しに行くのが大好きだし、相手DFの背後をつく展開も大好き。
フィジカルで上回る子をズラッと並べ引いて守る相手を崩すのは非常に難しいですね。
守備網をかいくぐるには、フリーな2列目の選手のアタックと抜け出しが必要。
試合は終盤に2得点し2-0で勝ちましたが、この試合でいくつか課題が見えました。

続く準決勝は前日に対戦した千葉ボニータ。
20140106-5.jpg
DF4の背後に攻め込むスペースがあるチームに対しては、
それぞれの選手が機能的な連携も見せながら攻め込む事が出来ます。
一方で、ボールをしっかり蹴れる相手チームのクリアボールの処理に
非常にもたつきます。
もたつくのは個人のスキルにもよるので仕方が無い部分もありますが、
グループとしての対処が出来ていません。
何故なら、そこには声と言う意思表現やコーチングが無いからです。
この大会は11人制での試合ですが、びわ湖は8人制。
誰か3人がスタートメンバーから外れる訳ですが、
その判断材料としては「声」の存在が関わって来るでしょう。
プレーのスキルは個々に特徴があるから我が良い誰が悪いとは決めつけません。
でもサッカーは個人競技ではなくチームスポーツですから、
コミュニケーションの少ない選手はこの機会に殻を破って欲しい!
今の6年生には2年以上にわたって言い続けている事です。
最後の頑張りに期待します。
おっと、話が長くなってしまいましたが、結果は2-0で勝利でした。


決勝戦は、やっぱり戸木南ボンバーズ。
このシチュエーションを待ち望んでました!!
ガチンコ・バッチバチ☆で対戦出来てホント良かった!
こう言うシビレルゲームこそ育成年代には必要ですね♪
20140106-7.jpg
前半は圧倒的に松戸のポゼッション。相手コート内で多くの時間を使いましたが、
ホントにシュート下手です(笑)駆け引きや裏をかくとかって考えようよ~(笑)
そして、昨日は勝っても今日は分からない、ってのが良いじゃないか!
後半は縦に長いコートも手伝って、DFとFWが間延びした松戸はボールを保持できない。
終いにはダブルボランチがDFラインに吸収されて、クリアは相手に拾いまくられて防戦一方。
孤立してしまったFWはフィジカルで勝てない相手DFに対し縦への単調な勝負繰り返してしまい、
MFやDFの押し上げる時間を稼げずに益々孤立して行った。
バランスが悪かった事に加えて、変化が足りなかった後半でした。
こんな時はどうしたら良いか?
小学生年代で選手個人が気が付いて対応できたら逆に凄い!
当然出来ないから、冷静にコーチングに従い、その術を吸収して行く機会にして欲しかったです。
試合の方は一番冷静さを失っちゃいけない選手のキックミスによる失点で0-1で負け。

その子は大粒の涙を流しましたが、
その時の自分を振り返り、本来あるべき姿に気付き、どうする必要があったのか理解しました。
きっと同じ様なシーンや試合の流れの時に、この日の涙が生きて来ると思います!


20140106-8.jpg
最終順位は2位。
今年も…。

まあ順位よりも次に繋がるプレーやメンタルの成長が出来ていればOKかな。

 第3回 びわ湖カップ なでしこサッカー大会出場チーム 


グダグダと年末年始を過ごし、いきなりの2連戦と仕事始め。
身体も頭も今日からの日常について行けない…

さて、2月に参加する「びわ湖カップ」の出場チームが決まったようで、
主催者のHPにUPされてました。

参加チーム一覧 ←ぽちっと

関東からは6チーム
それ以外のチームとは滅多な事では対戦出来ないチームばかり。
キャノンカップも無くなっちゃったからなおさらです。

昨日一昨日とびわ湖カップを意識しながらの試合をしました。
滅多に対戦できない相手と万全の状態で臨めれば
良い経験をつめる事は間違いない!

あと一カ月、頑張って行きましょう。

 新春 きのこカップ開催しました! 


松戸FC女子の初蹴りは、今日から行われた「村田カップ」から!
こちらは明日も続くので後日UPするとして。


松戸の女子サッカーに関わって10数年のK総監督。
厳しくも優しいそのキャラを慕って、卒団後も多くのOG達が集います。

20140105-4.jpg


昨年末の忘年会で「久しくOG会やってないね~」
「じゃあ年明けやりますか!」で一斉メール!?
ん?OGのLINEかな!?

と言う事で
『新春 きのこカップフットサル大会 開催!』
(かれこれ何回目?)
大会名の由来は、K総監督のヘアスタイル!?


今回集まったのは、上はハタチ?19?
下は村田カップを戦ってきて更に体力のある5・6年生。

年代ごとのチームで戦ったり、
昨秋の関東高校大会1回戦の修徳vs幕総が実現したり
OG含めた幕総チームが勝利し「お前ら全国大丈夫か~」と喝が飛ぶ一幕も(笑)

20140105-3.jpg

ピンボケですがこの画像の中にU19の代表ゴールを守る選手が2名
ちなみにこの瞬間はガチでプレー…

そしてもう一人スペシャルななでしこリーガーが1名!
JEFのSakiがもう一人のSAKIを連れて来まして♫
(ちなみにちなみに久々に娘Yukkyのプレーを見ました)

日本や日本のTOPチームを背負っているメンバー、
高校選手権や新年の活動を控えているメンバー、
そしてチョッと運動不足なメンバー、
それぞれが怪我をしないか少々心配しながらでしたが、
皆が楽しく過ごせて良かった♪

私はゲーム1本でGIVE UP…
隣のコートの男性陣が結構見入ってた位だから、この女子達は相当なレベル。
疲労困憊です(笑)


20140105-2.jpg

最後に記念撮影!
一声かけて良く集まりましたね!!


そしてこの後が大サイン大会(笑)
小学生達は色紙を予め用意してた様で、何事か?と周囲も驚くほどのにぎわい。
Saki.U、Chika、そしてSaki.Kさん、Neneさん、
最後までお付き合い頂きありがとうございました。


サッカー大好きなOG達の集いはホント楽しい。
またやりたい!と思うと同時に、今日来れなかったメンバーとも是非やりたい。

巣立ったメンバーやそのお友達、
それぞれのステージでの挑戦と成長を期待しますよ。

 遅ればせながら「謹賀新年!」 


本ブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
フェイスブックと二刀流はネタがかぶる(笑)

年末に帰省し、どっぷりと休みに浸かりきっています。
会社の皆さんが年明け早々から頑張っている中で申し訳ありません<(_ _)>


受験生を抱えるラッピー12家は、
除夜の鐘と同時に初詣でに出向いて

20131231-1.jpg

「学業成就」 「無病息災」
「必勝祈願」 「家内安全」
「交通安全」 「一攫千金」

一人数百円でたくさんのお願い事をしてきました。



迎えた新年の朝、お節料理に舌鼓♫

20140101-2.jpg


私は口当たりの良さに負けて、オヤジと二人で1本空けてしまい…

20140101-1.jpg

元旦の多くの時間を、睡眠・頭痛・吐き気に費やしてしまいました…。



その頃、地元の松戸では、松戸FC女子のOG達が元旦の「広報まつど」を飾りました!
※クリックすると大きくなります。

20140101-3.jpg

10月だったか?、市役所のEさんから話しをもらい橋渡し役を。
MamikoやSakiは市内在住だったけど、恥ずかしがり屋のChikaは静岡だから断念。
それにしても、みんな立派になりました。


さてさて、受験生のYukkyは一足先に松戸に帰宅。
冬休みの宿題が終わっているかも気になるし、受験勉強してるのかも気になる。
でも、チームの初蹴りが3日にあるって言うので帰りました。
ん~受験生の行動パターンとは程遠い…。


とりあえずお気楽な私とSyu~はノンビリと過ごしながら、
日光の山々をバックに近所で記念写真(笑)

20131231-2.jpg


今年もどうぞ宜しくお願い致します(^_-)-☆

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ラッピー12

Author:ラッピー12
気がつけば少女サッカーに携わって早10年目。娘がお世話になった関係でそのままU12女子サッカーのコーチなんてしてます。
専門学校に通いながらサッカーを続ける長女(Yukky)・高校サッカーデビューの長男(Syu~)と、このバカ親父が繰り広げる日々を、日記調で綴って行きます。

banner banner
皆さんのポチッ! を お待ちしてます(^_^)v
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
気になるでしょ~?
QRコード